AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

サーチコンソールの使い方を覚えてSEO対策を始めよう

SEOを始めるにあたって必要なデータはサーチコンソール(旧名:Googleウェブマスターツール)に登録することで確認できます。実際にGoogle検索に表示された時の、検索順位や表示回数、クリック数など、戦略を練るのに重要なデータも確認できます。

2018年2月にリニューアルされた「新しいサーチコンソール」にはまだ実装されていない機能もあり、「従来のサーチコンソール」も併用しなければならないので、両方の使い方を覚えなければなりません。

パソコンの操作に慣れていない初心者でも導入するのは簡単かと思いますので、この記事も参考にして活用してみてください!

サーチコンソールとは

Googleが提供するウェブマスター向けのツールであるサーチコンソールは、SEO対策を行うにあたって必須のツールと言っても過言ではありません。

2018年2月にリニューアルしたサーチコンソールが公開されました。それに伴いURLが変更となっております。新しいサーチコンソールは一部の機能のみが利用可能で、サイトの追加などの機能は旧サーチコンソールを利用する形となっております。

一部の界隈では「サチコ」の愛称で親しまれています。

▽従来のサーチコンソール
https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

▽新しいサーチコンソール
https://search.google.com/search-console

Googleアナリティクスとの違い

同じようなアクセス解析と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、サイトにアクセスする直前の検索結果での表示やクリックの実績を確認できるのがサーチコンソールで、サイトにアクセスした後の実績はアナリティクスで確認するという違いがあります。

サーチコンソールで検索からの集客がうまくいってるかを確認し、アナリティクスでサイト内の回遊やコンバージョンを確認し、目標が達成できているかを確認するような使い分けをします。

サーチコンソールの登録方法

サーチコンソールを利用するためには、Googleアカウントが必要です。GmailやGoogleアナリティクスなど、Googleのツールを利用したことがない方は下記のリンクよりご登録ください。

「ユーザー名を選択」の部分の「代わりに現在のメールアドレスを使用」をクリックすると、Gmailのアドレスではないメールアドレスでも登録できます。

Androidのスマートフォンを利用している場合など、すでにGoogleアカウントを利用している方は、個人アカウントをそのまま利用しても大丈夫かと思います。

Googleアカウント作成

サイトを登録する

サイトを追加するには従来のサーチコンソールを利用します。右上の「プロパティを追加」という赤いボタンからサイトを登録することができます。

登録するURLは「httpかhttps」「wwwの有無」で別のサイトとして扱われるので注意が必要です。サイトの運用状況によっては、「http」「https」「www有り」「wwwなし」の4つ全てを登録しなければならないケースがあります。

同じドメインでディレクトリごとに趣旨が違うサイトを運営している場合は、それぞれのディレクトリを登録しておくと、検索パフォーマンスのチェックがしやすくなります。

サイトの所有権を確認する

サイトのURLを登録後に画面の指示に従って、認証ファイルをアップロードするかHEAD内にMETAタグの記述を追加するなどの方法で、サイトの所有権を証明することができれば登録完了となります。

レンタルブログなどファイルをアップロードできなかったりMETAタグの追加ができない場合はサーチコンソールを利用できない場合があります。

サイトと関連付けられたGoogleアナリティクスのトラッキングコードでも所有権を確認することができますが、タグの記述位置によって確認が失敗することがあったり、認証が途切れるトラブルが発生することもあるので注意が必要です。

ドメインのDNS設定を編集できる場合は、TXTレコードを使用して確認を行う方法もあります。この方法だと認証ファイルやMETAタグを間違って消してサーチコンソールの認証が切れる心配がないのでおすすめです。

社内でホームページを制作していない場合は、制作会社に相談するか、FTPファイルのアップロードを管理しているシステム担当の方に相談してみてください。

Googleアナリティクスと連動する

サーチコンソールの認証作業が完了すれば、3日ほどでデータが反映され始めます。
導入後の作業になりますが、Googleアナリティクスを使っているならばプロパティの連動設定をしておけば、使い慣れた管理画面で流入語句の詳細な分析もできるようになります。忘れないうちに設定しておく事をおすすめします。

新しいサーチコンソールの使い方

各種データを取得するには3日〜数週間の時間が必要となります。いくつか細かい設定ができるのですが、ほとんどの人は設定しなくても大丈夫です。

たまに「検索パフォーマンス」のページを確認して新しいコンテンツ作りやページの修正に役立てるくらいの使い方をする人がほとんどかと思います。

新しいサーチコンソールでは、機能が随時追加されているので、少しずつ学ぶのが良いかと思います。

検索パフォーマンス

一番よく使う機能で、検索順位やクリック数などの実績に当たる部分を確認する機能となります。SSL化が進むと同時にGoogleアナリティクスなどのアクセス解析で検索キーワードが見れなくなってしまったので、需要を探る重要なツールとなります。

「検索パフォーマンス」では、どのページが、どのキーワードで、何位に表示されてクリックに繋がっているかを確認することができます。

インデックスカバレッジ

ページのインデックス状況を確認する機能となります。

サーバーの障害やページの削除などが原因でクローラーがアクセスできなかったページや、ページのリダイレクトやcanonicalタグの設定による重複からインデックス除外されているページを確認することができます。

レポートの深い階層にある各URLを確認する部分から「robots.txtテスター」「Fetch as Google」「「URLをGoogleのインデックスに追加」などの機能へのリンクがあるのでいずれはインデックス登録に関わる部分が全て統合されるのかもしれません。

サイトマップ

従来のサーチコンソールにあったサイトマップの送信と同じように新しいサイトマップの追加を行うことができます。以前に登録いたサイトマップの情報は引き継がれていないようなので、再登録しておいた方が安心かもしれません。

URLの検査

インデックスカバレッジの機能とかぶる部分もありますが、URLがインデックスに正常に登録されているかを確認する機能です。少し未完成な気もします。

従来のサーチコンソールのツールにあった「URLをGoogleのインデックスに追加」の機能が使えなくなり、「Google インデックスに URL を送信するには、サイトマップを送信するか、新しいURL検査ツールを使用してください。」と書かれていますが、検査ツールからインデックスに追加することはできないようです。

従来のサーチコンソールの使い方

普段使う主要な機能は上記のものとなりますが、全ての機能を使いこなすには旧サーチコンソールも利用しなければなりません。

メッセージ

もっとも気なる「ペナルティの警告」を受け取る事ができます。

その他にも急激に検索ボリュームが上がった時のアラートや、アナリティクスなど各種サービスと連携設定を行った時の通知なども受け取る事ができます。

右上の歯車からメール通知の設定ができるので、必ずオンにしておく事をおすすめします。(ペナルティ以外の通知メールでもドキっとしますが)

検索での見え方

主にサイトの構造に関するデータを見る部分です。

構造化データ

リッチスニペットを表示させる為の構造化マークアップ(「ぱんくず」や「レビュー数」などディスクリプション以外を検索結果に表示させる記述)の認識状況を確認できます。

リッチカード

リッチスニペットをさらに進化させた、スマートフォン向けの検索結果に表示される部分のマークアップが正しく行われているか確認することができます。

データハイライター

イベントの情報などをGoogleがクロール済みの実際のページを見ながら構造化データとして検索結果で目立たせる事ができる設定ツールです。

HTMLの改善

タイトルとディスクリプションの改善点を検出してくれます。同一タイトルのページやディスクプションをまとめて設定してしまっている「重複するデータ」の修正箇所を探すのに役立ちます。重複データが多い場合はパンダアップデートにひっかかり検索順位が落ちる場合があるので、こまめにチェックして改善しましょう。

Accelerated Mobile Pages

スマートフォンの検索結果でページを素早く表示できるAMPに対応しているサイトの構造に問題がないかを確認することができます。

検索トラフィック

Googleが収集している実績に当たるデータを確認できる部分です。

検索アナリティクス

実際にどのようなキーワードで検索されているのか、「検索キーワード」「表示回数」「クリック数」「CTR」「平均掲載順位」が確認できます。

アナリティクスのように正確な数字ではなく丸められている上、3ヶ月分しか遡れない(一部のアカウントでは12ヶ月遡れるようです)ので、しっかり分析したい場合はログをダウンロードしておく必要があります。

サイトへのリンク

Googleが認識している被リンクの一部を確認する事ができます。

「リンク元」「リンク先ページ」「アンカーテキスト」を見る事ができ、「リンク数の最も多いリンク元」の詳細から「最新のリンクをダウンロードする」事で2週間以前の被リンクを確認できます。

ペンギンアップデートのペナルティ解除をする場合は全リンクのチェックなどにも必要になって来るので、定期的に確認して、検索順位のデータと照らし合わせておけば、警告のない外部リンクによる順位低下を確認できるかもしれません。

内部リンク

サイト内リンクの導線を確認する事ができます。

ページ数の多い大規模サイトであれば、内部リンクを集める事で安全に上位表示を狙う事もできるので、どのページにどれくらいのリンク数が貼られているかをチェックしておきましょう。

手動による対策

「手動ペナルティ」を食らってる場合は、こちらに表示されます。数年前の古い警告は表示されていない場合もあるので、その場合はサイト内の似たような難易度のターゲットキーワードと比べて相対的に順位が落ちていないか確認しましょう。

インターナショナル ターゲティング

サイトの言語設定がきちんと行われているかを確認することができます。多言語対応していない場合は使うことはありません。

モバイル ユーザビリティ

HTMLの改善に似たような部分で、スマートフォンユーザーに表示されるHTML構造が正しく行われているかチェックすることができます。

Googleインデックス

インデックス状況を確認できる部分です。

インデックスステータス

「インデックスに登録されたページの総数」や「インデックスから削除されたページ数」などを確認する事ができます。「site:」のコマンドで調べた数値とはずれるので、参考までに。

ブロックされたリソース

Googlebotがアクセスできないiframeで埋め込まれたパーツなどがあるページを確認することができます。

URLの削除

緊急時にインデックスから削除を申請する為のツールです。サイトのメンテナンスなど緊急ではない場合は使わないほうがいいです。

クロール

クローラーの動きに関するデータを確認する部分です。

クロールエラー

サーバエラーや404ページを検出してくれます。404は検索順位には影響ないのでユーザービリティの改善の為に参考にしてください。サーバーエラーは場合によっては検索順位にも関わってくるので、エラーの原因を突き止めて発生しないようにするのがベストです。

クロールの統計情報

Googleのクローラーがどれくらい巡回しているかを確認できます。大規模サイトでなければ「あー回ってきてるなー」くらいの感じで、頻繁に確認する必要はありません。

Fetch as Google

サイトやディレクトリの構造を大幅に変更した時にこちらから申請する事で、インデックスのリフレッシュを促進できます。

robots.txt テスター

クローラーに回ってきて欲しくないページを拒否する設定が正しく行われているかを確認することができます。お行儀の悪いクローラーは無視することもあるので注意が必要です。

サイトマップ

サイトマップの送信と処理状況を確認できます。

送信してもすぐにインデックスされる訳ではないので、使用していない場合もあります。小規模サイトやサイトの立ち上げ時はできれば使用した方がいいかもしれません。

URLパラメータ

サイト内で発生するURLパラメーターの処理を変更できます。

トラッキングコードや検索クエリなどのパラメーターをクロールしないように設定したり、パラメータ付きで発生する固定ページをインデックスさせる様に促す事ができます。

セキュリティの問題

あまり使われる事はないかと思いますが…サイトがマルウェアに感染してしまった場合にはこちらに警告が出ます。

Chromeなどのブラウザではマルウェアに感染されてるサイトとしてアクセスできなくなったりするので、ウェブマスターツールを見るより先に気がつくかもしれません。

原因として、サイト自体には問題がなくiframeを使用して表示している先が感染してるケースが多く見られます。

長期間放っておくとインデックス削除される場合もあるので早めに対処しましょう。

閲覧権限を付与して情報共有する

社内のチームでSEOを行ったり、社外のコンサルタントに協力してもらう場合は、閲覧権限や管理権限を付与して、複数のアカウントで一つのサイト情報を閲覧することができます。

詳しい手順や詳細についてはGoogleのヘルプに書いてあるので細かく説明はしませんが、必要になるケースや権限付与時の注意点について説明します。
https://support.google.com/webmasters/answer/2453966?hl=ja

サーチコンソールの権限の種類

サーチコンソールの管理者権限には「所有者」「ユーザー」「協力者」の3つがあります。

制作会社と所有者とのやりとりは大元の権限である「サイトの所有者」で行い、広告代理店や社内での閲覧権限のやりとりは、「ユーザーとプロパティ所有者」から行います。

ややこしい名称ですが、「協力者」についてはほとんど使う機会はありません。

権限付与にID/PASSは共有不要

譲渡する側も、される側も覚えておきたいのは、サーチコンソールの閲覧権限を渡すのにGoogleアカウントのIDとパスワードを共有する必要はありません。

また、制作会社から権限を受け取る際に、方法を間違えると閲覧しかできない制限付きの権限となってしまい、会社やお店の所有者側で自由にユーザーの追加や権限の付与ができなくなってしまいます。

所有者の権限を持たずに、なんらかのタイミングでサイトの所有権の確認が切れるとデータを見ることができなくなってしまうので注意が必要です。

制作会社から所有権を受け取る

ホームページ制作会社にサーチコンソールの設置まで行ってもらった場合は、Googleアカウントのメールアドレスを添えて「所有権の移譲を行って欲しい」と伝えなければなりません。

サーチコンソールから該当のサイトを開き、歯車のメニューから「確認の詳細」を開きます。「サイト所有者の追加」というボタンからメールアドレスを入力すると権限の譲渡が行えます。

ご自身でサイトを制作してサーチコンソールの設置作業を行なった場合は、この所有権を触る必要はありません。

検索順位を保ったままURLを変更を制作会社などに依頼する場合は、「アドレス変更」の操作が必要になるので、一時的にでも所有者権限を付与する必要があります。

集客を全面的にお任せする場合も、所有権を付与しておけば、アナリティクスとのリンク設定をやってもらえるのでスムーズに進められます。

閲覧権限を付与する

歯車のメニューから「ユーザーとプロパティ所有者」のページにある「新しいユーザーを追加」のボタンを押し、メールアドレスを入力しと権限を選択します。

検索アナリティクスのデータを共有したいだけであれば、「制限付き」で権限を付与するだけで問題はありません。

大幅なサイトリニューアルを行う場合や、複雑なサイト構造のパラメータの処理、ペナルティの解除などが必要な場合は「フル」の権限を付与しなければなりません。

ユーザーの追加ができない場合

歯車のメニューに「サーチコンソールの設定」と「サイトの設定」しか表示されていない場合は、所有者の権限を持っていないアカウントとなります。サーチコンソールを設置してくれた制作会社などに問い合わせ、所有者としての権限を付与してもらわなければなりません。

ペナルティを受けた場合

サーチコンソールに登録していると、過度なSEOでペナルティを受けた場合や、サイトにセキュリティ上の問題があった時に通知をもらうことができます。

滅多なことでは対処が必要になることはありませんが、お困りの際はご相談ください。

SEOコンサルティングについて

アルゴリズムが複雑になったSEOは医療のようなもので、適切にサイトの状況を診断し、状態に合った施策を行わなければなりません。

また、検索からの集客はリスティング広告を利用することで最大限のパフォーマンスを引き出すこともできます。

私にご相談いただければ、Google広告の運用代行とSEO対策に関するご相談を同時に行うことが可能です。

詳細は下記のページをご確認ください。

Google広告 運用代行

SEOについてもっと詳しく知りたい

当ブログでは、この他にもたくさんのSEOに関するテクニックを紹介しています。全ての記事は無料で公開しておりますので、下記のリンクよりご確認ください。

SEO対策 完全マニュアル