AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

ローカルビジネスを宣伝する方法

お店の宣伝には様々な方法があります。お客さんを増やすには商圏を絞ったマーケティング戦略が重要な鍵を握ります。近年ではオンラインとオフラインの垣根がなくなり、インターネットを使った広告だけでなく、オフラインでの宣伝と掛け合わせて、相乗効果を得る手法も重要となります。

当ブログでは、地域密着型のエリア広告を利用し、実店舗の集客に役立つ情報をまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

ローカルビジネスとは

ローカルビジネスと聞くと都心部ではない地方の企業をイメージするかもしれませんが、市町村単位や最寄駅周辺の住人をターゲットとしている事業を指します。

オンラインショッピングが普及したとはいえ、実店舗で買い物をする需要が絶えることはありません。何でもかんでもインターネットを利用した方が便利でお得なわけではなく、オンラインでは受けられないサービスもあるし、地域に住む人や他の地域から訪れる人がいる限り、ローカルビジネスは不可欠なものと言えます。

こうしたオンラインとオフラインの住み分けを理解し、インターネットをうまく活用することで、集客を成功に導く戦略を練ることができます。

商圏を絞ったマーケティング戦略

ご存知の通り、インターネットは日本中に利用している人がいて、ホームページは全国どこにいても閲覧することができます。

しかし、ローカルビジネスはお店に来店してもらうことや、地域に関心を持っている企業との取引を広げることを目的としているため、広告展開もターゲットを絞って戦略を練らなければなりません。

特定の地域に住んでいる人に向けた広告や、地域情報を扱う媒体を活用することで、テレビや雑誌など不特定多数の人が見る広告よりも、小規模な予算で広告戦略を考えることができるのがインターネットの強みでもあります。

Googleマップに掲載する

ローカルビジネスを宣伝するには必ずしもホームページが必要というわけではありません。まずはお店の名前と場所、どういうサービスを提供しているかを知ってもらうことが重要で、その先にサービスの詳細を伝える必要があります。

自分のサイトを持たなくても、Googleマップに掲載したり、既存のウェブサービスに登録することで、無料でお店の所在地や簡単な概要をお客様に伝えることはできます。

まずはホームページを作らずに、インターネット上でのお店の需要やサービスの反響をリサーチし、今後の方向性を固めてみませんか?

ホームページからの集客

ホームページは名刺代わりに用意することもありますが、様々な集客施策の受け皿として、重要なポジションを担います。取り扱っている商品やメニュー、提供しているサービスのプランや価格など、来店のきっかけになる情報を掲示したり、お問い合わせや予約を受け付ける窓口としても使うことができます。

最近ではHTMLの知識がなくても情報発信の土台を作るのが簡単になりました。制作から保守管理まで自分でできる場合は、レンタルサーバーを借りて独自ドメインでのサイトを作るのもいいですが、Webサービスを利用した方が更新やメンテナンスが楽だったりします。中には無料で使えるものもあるし、月額1,000〜2,500円程度で十分な機能があるサービスがあります。選び方に迷ったら下記の記事も参考にしてみてください!

SEO対策は必要か?

Googleマイビジネスに登録することで、屋号や業態のキーワード検索で上位を取ることができるので、「ローカルSEO」と呼ばれるような特別な施策はそれほど重要ではありません。Googleマイビジネスが浸透することで、駅名や地域名のキーワードを網羅するようなSEO対策が通用する時代は終わったとも言えます。

広告費をかけずに集客の幅を広げたい場合は、SEO対策を行わなければなりませが、費用がかからないとはいえ、時間をかけなければ結果は出ないので、忙しい方は広告を主体にした方が良いです。

集客のためにブログは必要か?

お店のホームページは、多くても100クエリほどの検索キーワードでしか検索に表示されることはありません。なのでより多くのキーワードで検索に表示させるためには、ブログを活用する必要があります。

ローカルビジネス広告

実店舗がある場合は、「Googleマイビジネス」や「エキテン」など店舗向けの情報掲載サービスがあります。

専門的な業態であれば、宣伝しやすいウェブサービスも多数あります。例えば飲食業ですと、「ぐるなび」や「食べログ」に代表されるようなグルメサイトに掲載することもできますので、ホームページがなくても集客は行えます。

ホームページがある場合は、地域や、興味、顧客属性に合わせ下記のような広告展開も考えられます。

リスティング広告

配信するエリアが決まっている場合は、Google広告とFacebook広告を中心に、リスティング広告の戦略を練るのが良いです。ローカルビジネス広告とは違い、配信先の絞り込みを行いターゲットのユーザーに広告を見せるには少しコツがいりますが、広告の出稿や停止を自由に行えるので、繁忙期や予算に余裕があるときだけ集客を行うこともできます。

Google広告の運用にお困りの方は下記のページをご確認ください。

Google広告 運用代行

地域を絞った広告

Google広告やFacebook広告を利用すると、「お店からの半径10km以内」や都道府県を指定して、その場所に居る(または興味を持っている)ユーザーに対して広告を表示させることができます。

Google広告の場合はキーワード、Facebook広告の場合は後術の顧客属性を軸に、商圏の地域と掛け合わせて絞り込みを行えます。

このようなセグメントを絞って配信する機能はリスティング広告の最大のメリットであり、ローカルビジネスとも相性が良い広告となります。

顧客属性を絞った広告

リスティング広告は地域以外にも、性別や年齢層、子供の有無などで広告配信のターゲットを絞り込むことができます。

特にFacebook広告は顧客属性の絞り込みに優れていて、職業や役職での絞り込みや、利用状況から得られる興味に合わせて広告の掲載を行うことができます。

オフライン集客

インターネットの集客力に期待して夢見てる人には意外と思われるかもしれませんが、思った以上にオフラインからの影響力は大きいです。時にはインターネットよりもオフラインの宣伝の方が効果的な場合もあります。

また、ネット上での集客経路を作るだけでなく、「検索させるためのアプローチ」というのも重要になってきます。オフラインできかっけを与えお店の存在を認知させることで、インターネットで調べた時により興味を持つようになったり、知った情報を身近な人に話すことで、より関心が深くなる可能性があります。

看板

お店の前を通る人は看板だけでは興味を持たないことが多いですが、メニューや一言メッセージを添えた黒板を立てておけば「どういうお店なのか」を知るきっかけになります。また、地域の幹線道路にある看板広告や、地域情報誌などのエリアに密着した広告をきっかけにインターネットで調べて来店に繋がることもあります。

チラシ配り

駅に近い店舗ではチラシを配った方が簡単に近隣住民に宣伝することができます。原本のデザインを作るのに数万円かかるかもしれませんが、ネットプリントを利用すれば1,000枚あたり3,000円程度で印刷できますし、空いた時間で配れば人件費もそれほど負担にならないかと思います。ポスティングは効率が悪く、個人で行うと後ろめたさもあるのでお勧めできません。

折り込みチラシ

新聞を取らない世帯が増えているとはいえ、逆に考えると所得に余裕のある人だけが購読しているとも捉えられるので、そうした世帯の主婦層には効果的な宣伝となる可能性があります。一部3円程度で配信することができるので、3万世帯に配布しても10万円程度で収まる規模感です。

地域情報誌

自治体が発行するタウン情報誌や、配布エリアが絞られているフリーペーパーの広告枠を活用する方法もあります。枠の大きさにもよりますが、数千円から掲載することができます。

ショップカード

お店の名刺に当たるものなので、作っておいて損はないかと思います。近隣の店舗に足を運んだついでに置いてもらえるように交渉すれば手間もかかりません。ショップカードを持ち帰ってもらえれば知人に紹介する時にカードを渡すこともできるので、確実にお店の情報を伝えることができます。

ダイレクトメール

顧客の住所を蓄積しているならば、ダイレクトメールも効果的な施策となります。誕生日月に割引サービスを行ったり、来店の記録が残っているならばしばらく音沙汰のない人に再来店を促すなど、いろいろな施策が考えられます。

もっと具体的な集客方法を知りたい!

インターネットは大げさに言えば世界中に情報発信することができるツールですが、なんでもかんでもオンラインで解決するわけではなく、いずれ「オフライン回帰」が起こると予測しています。

そして最終的に地域に密着するサービスや仕事は活きると考えています。「人、物、街」を繋ぎ地域に根強く残る「地元愛」を大切に育むことで、さらなる発展へのきっかけを作ることができれば、という思いでコンサルティングサービスを立ち上げました。

一般的な集客論については、当ブログで紹介していますが、ホームページの制作や広告にかけられる費用、お店の業態などにより、その手法は大きく変わってくるかと思います。

私にお任せいただければ、一従業員と同じようにインハウス寄りの視点からお力添えいたします。ご相談があればお気軽にお問い合わせください。

Web集客コンサルティングの詳細