AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

YouTubeに広告を出す!動画マーケティングの始め方

動画を用意しなければ広告を出稿できないのでハードルが高いように見えますが、PRを目的としていて、動画でしっかり製品やサービスをアピールする術を持っているならばおすすめの施策となります。

YouTubeの広告ってなに?

YouTubeで動画を見たことがある人なら誰もがうっとおしいかと思う、動画が再生される前に表示されるアレがYouTube広告です。

「5秒後にスキップできます」という表示を真っ先にクリックする人もいるかと思いますが、意外とそのまま動画を見る人も多いようです。

意外と最後まで見てもらえる

我ながらつまらないと思う7分の動画を入稿してテストしたところ、20%の人は最後まで見るという驚きの結果が出ました。

単純にYouTubeにアップしている動画の再生回数を増やしたいという目的ならば簡単に始めることができます。

どうやって広告を出稿するの?

広告を出稿するには、YouTubeに動画をアップロードして、Google AdWordsから出稿の設定を行います。

地域やユーザー層、興味やキーワードなどを掛け合わせてセグメントを絞ることができます。また、特定の動画を指定して広告を掲載することもできます。

広告の料金はいくらかかる?

YouTubeの広告は30秒以上視聴されるか、動画上に表示されているリンクをクリックされた場合にのみ広告費が発生します。

最低でも2円で入札すれば広告が表示されるので、1円台から掲載することができます。20%の人が最後まで見るとすると、目安として5円程度で1人に情報を伝えることができます。

検索広告やディスプレイネットワークとは違い、1日の予算を設定するとほぼ上限ぴったりに予算を消化します。1日当たり3,000〜5,000円くらいの予算消化ペースを目安とすると良いです。

セグメントの絞り込みは弱い

年齢や性別、興味やキーワードで絞り込みはできるのですが、キーワードによる絞り込みは若干弱く、明らかに関連していない動画にも掲載されることがあります。

キーワードよりもインタレストベースでの絞り込みの方がクリック率が高い傾向にあるので、認知を目的としている場合は、セグメントを絞り込みすぎない方がいいかもしれません。

動画制作のコツ

iPhoneのカメラでも綺麗に撮影はできますが、音声を綺麗に撮ったり、ナレーションやアニメーションを追加するなどの編集を行おうと思うと素人では難しいかと思います。

最近ではYouTube広告向けの動画編集が得意な制作会社も多くなってきました。1本の動画を作るのに100万円くらいかかるイメージをお持ちのかたもいらっしゃるかもしれませんが、30万円くらいでも制作可能です。

マーケティングまで考えられる制作会社ならば始めの30秒でしっかりユーザーを掴み、最後まで見せる台本を組んでくれるところもあります。

色々ノウハウはありますが、YouTube広告向けのノウハウで重要なのは下記の2点となります。

冒頭の5秒でインパクトを与える

なんのCMかが伝わらないとスキップされてしまうので、冒頭の掴みが重要です。

店舗名やブランドロゴを見せたり、キャンペーンを行なっているならその概要など、見た人の印象に残しつつ、継続して見てもらえるような仕掛けを考えます。

30秒で一旦クロージングを行う

AdWordsの広告は30秒以上視聴された場合に費用が発生します。なので30秒が経過する前にユーザーに取ってもらいたい行動を示す必要があります。

サイトを見て欲しいなら「お店の名前で検索!」や、商品を買って欲しいなら購入先の案内をするなど、はっきりと伝えると良いです。

広告出稿のご相談

YouTubeに広告を出してみたいけど、やり方がわからないという方はお気軽にご相談ください。

AdWordsアカウントの開設から入稿までサポートしております。