AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

ウェブマスターツールに登録してSEO対策の準備を始める

サイトを立ち上げた時やSEOを行う際に、重要な解析ツールとなるWebマスター向けのツールへの登録が必要になります。インデックス状況の確認や実際にどのようなキーワードで検索されているのか、検索エンジンの制御を設定する場合に活用できます。

ウェブマスターツールは2種類ある

国内でのシェアのほとんどを占めるYahooとGoogleは同じGoogleのアルゴリズムを使用している為、Googleのサーチコンソールへの登録が必要となります。

Bingの検索シェアは少ないですが、全体の10%だとすると、100人の訪問のうち10人はBing検索からホームページを見ている可能性がありますし、ホームページからの売上が100万円あれば、10万円くらいの価値はあります。

また、Bing Webマスターツールは診断ツールが豊富なので、併用するのをおすすめします。

Google サーチコンソール

SEOをはじめるなら必須とも言えるツールです。検索ボリュームの把握やクローラーの制御、ペナルティの警告を受け取るためにも必要です。

ちなみにYahooもGoogleの検索エンジンを使用しているので、これ一つで国内で9割のシェアを占める検索エンジンに向けのサイト管理ができます。

Bing Webマスターツール

基本的にはGoogleのウェブマスターツールと似たようなものですが、Bingでの検索順位やボリューム・クリック率などの基本的な情報を見る事はもちろん、Googleのツールとは違い、外部リンクを確認できる「リンク エクスプローラー」や、ページのソースを解析できる「SEO アナライザー」など、役に立つツールも用意されています。

Bingのアルゴリズムは、ウェブマスターツールに登録しているサイトを優遇する傾向もあるので、できれば登録しておいた方が良いです。

Googleウェブマスターツールの補足的な役割で使っても便利です。

導入の前に確認する事

認証ファイルのアップロードかHEAD内にMETAタグの記述などで、自分のサイトである事を認証する必要があります。

社内でホームページを制作していない場合は、制作会社に相談するか、FTPファイルのアップロードを管理しているシステム担当の方に相談してみてください。

また、レンタルブログなどファイルをアップロードできなかったりMETAタグの追加ができない場合は使用できない場合があります。

詳しくは以下のヘルプも参考にしてみてください。

Google ウェブマスターツールヘルプ - サイトの所有権を確認する
Bing webmaster help&how-to(英語)

Googleアナリティクスと連動する

サーチコンソールの認証作業が完了すれば、3日ほどでデータが反映され始めます。

導入後の作業になりますが、Google Analyticsを使っているならばプロパティの連動設定をしておけば、使い慣れた管理画面で流入語句の詳細な分析もできるようになります。忘れないうちに設定しておく事をおすすめします。