AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

文章を書くのが苦手な人でもできるWebライティングのコツ

ホームページを作ったり、インターネット集客を行うには、何かと文章を用意しなければなりません。言いたい事をスラスラと文字に起こせて、起承転結もわかりやすく端的に伝えられる文章に仕上げることができる人は少ないかと思います。

ちょっとしたコツで伝わりやすい文章を書くことができるので、参考にして見てください。

Webライティングが必要になる文章

大きく分類すると「見出し」「概要」「長文」の3つに分けられます。それぞれの性質に合わせて少し書き方が変わってくるので、まずは違いを把握しましょう。

タイトルなどの見出し

ページのタイトルや広告文など、10〜30文字の文章が必要になる機会は多いです。

最小限の文字数で情報を伝えるために、キーワードを意識したり、接続詞を省くなど、取捨選択が非常に難しいです。ヤフーのトップページに表示されるニュースの見出しを見ると勉強になります。

ディスクリプションなどの概要

METAディスクリプションや外部のサイトに掲載するときの紹介文など、100文字程度にまとめなければならないことも多いです。

情報を詰め込みすぎると内容が薄くなるし、内容を濃くすると情報が少なくなるので、要点を抑えるのが難しいです。

紹介文であれば「伝えたい事」に重点を置き装飾を足していき、概要ならばページの中から抜粋し全体像を伝えられる文章を考えます。

ブログなど長文

文章を書くのが得意だったり、ライターを目指しているならともかく、ほとんどの方は長い文章を書くのは苦手かと思います。

文字数制限がないので自由度は高くなりますが、まとまりのある文章を練るためには以下に紹介するようなコツが必要です。

長文をまとめるコツ

書き方のコツは「箇条書きで素材を集める」ことから始めて構成を練ります。思いついたことをどんどん書き出して、どういう順番で話せば伝わりやすいかを考えます。

箇条書きを元に「これは◯◯です。」という簡単な文章に起こしてから、「どんな?」という装飾を足して、まとめていくと一節ができあがります。

その一節を段落にまとめたり、見出しごとに整理していくと、自然と長文が完成します。構成を練る際には次のようなポイントを押さえると、より良い文章に仕上がります。

見出しを先に決める

新聞を読むときに見出しだけを読む人は多いかと思いますが、Web上の文章にも似たような感覚があります。

また、起承転結とまではいかないですが、まったく知らない人にも伝わるように文章を書くには概要や段落ごとの繋がりが大事です。

結論から先に書く

ユーザーはそのページが有益かどうかを数秒で判断しています。始めに結論や探している情報の概要を伝える事で、そのあとの文章を読んでもらうような手法もあります。

落としどころを用意する

販売やお問い合わせに繋げるような文章の場合、最後にクロージングに当たる部分があると完璧な文章になります。

ブログ記事であれば「まとめ」を書いたり、「買ってね!」とか「SNSでシェアしてね!」などのように、ユーザーにとって欲しい行動をはっきり言ってしまうのも一つの手です。

文章の区切りとリズム感

これはかなり難易度が高いですが、口語まで噛み砕いた感じではなく、文章を読んでいて話を聞いている感覚ですんなり入ってくる文章を意識すると読みやすくなります。

一節にあれこれ欲張って装飾が多くなると文章のリズム感が悪くなります。思い切って省いたり、言い回しを変えるなどしてリズム感を整えます。

添削と加筆修正

Web上の文章は紙媒体とは違い一度書いたらそれで終わりではなく、いつでも自由に書き換えることができます。

読み直して違和感のある部分や、反響を見て追加したい内容は随時修正すればいいので、一発でうまく書こうと思わなくても大丈夫です。

SEOライティングのコツ

見出しと段落が整っている文章は検索エンジンに好まれます。ページのタイトルとディスクリプションのように、コンテンツ内でも見出しと段落を整えることが重要です。

Pタグ内の文章が100文字程度に収まっていると検索結果で抜粋された時にも読みやすく、検索意図に合致していればユーザーが目的の情報がそこにあると感じ、クリックされやすくなります。

SEOというとキーワードをものすごく意識して文章を考えないといけない気がするかもしれませんが、今のGoogleは賢いので表記の揺れなど言い回しを意識しなくても大丈夫なので、自由に書いてみてください。