AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

wwwの有無や重複ページのURLを統一して正規化する方法

レンタルサーバーを借りてホームページを公開する場合に、まず最初に確認しておきたいwwwの有無や、CMSを利用していて重複するページが発生してしまう場合のURL正規化の手順について説明します。

www有無を統一する

まずブラウザの新規ウィンドウを2つ立ち上げ、以下のようにURLにwwwがある場合と、無い場合でサイトにアクセスして、ブラウザのURL欄を確認してみてください。

http://example.com
http://www.example.com

両方のページにアクセスすることができ、URLの表示がwww有りと無しの2つに別れている場合はSEO対策が必須となります。

どちらかのURLでアクセスできない場合は、アクセスを取りこぼしている可能性があるので、転送の設定が必要です。

どちらでアクセスしても、片方に転送されている場合は、対応の必要がありません。

例えば上記の場合、両方のURLでブラウザのURL欄の表示が違うので統一されていません。

htaccessの書き方

統一するためにはhtaccessに転送する設定を追加します。下記のURLを自分のサイトに書き換えてコピペで大丈夫です。どちらに統一するか迷うかもしれませんが、お好みで決めても特に大きな違いはありません。

www無しに統一する場合

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.example.com

RewriteRule ^(.*)$ https://example.com/$1 [R=301,L]

www有りに統一する場合

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example.com

RewriteRule ^(.*)$ https://www.example.com/$1 [R=301,L]

重複ページのURL正規化

ドメインがひとつに統一されたら、次はページのURLを確認し、必要であれば整理するための修正が必要となります。

単純に同じ内容のページを複数投稿しているような場合には、ページを削除すれば重複は回避できますが、ほぼ同じ内容でどうしても別のURLで公開しなければならない場合には、検索エンジンにメインのページのURLを知らせる設定を行わなければなりません。

ほとんどのサイトでは対応の必要はなく、「PCとスマホでURLが分かれている」「URLパラメータでページの一部を変えている」など、対応が必要なケースは限られています。

head内のHTML記述で正規化する

検索エンジンに正規のURLを知らせるには、下記のタグを使用します。CMSを利用している場合は、動的に統一したURLを生成しなければならないので、少し難しいかもしれません。

<link rel="canonical" href="https://example.com/">

サーチコンソールで設定する

動的にページを生成している場合、URLの構造によってはSearch Consoleの「クロール>URLパラメータ」から、クローラーを制御することで重複ページのインデックスを回避することができます。

URLの正規化でお困りの方へ

canonicalの使い方を説明しているブログ記事はたくさんありますが、実際にはサイトの状況や利用しているCMSに合わせて対応法が変わってくるので、解決方法を見つけるのは難しいかと思います。

どうしても解決できないようであればお気軽にご相談ください。