AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

インターネット集客に成功する屋号(店舗名)の決め方

キーワードを軸に行うインターネット集客では、屋号を決めた時点で集客が成功するかどうかが決まると言っても過言ではありません。

すでにオープンしている店舗は名前を変えるのは難しいかもしれませんが、これからオープンを予定していて、まだ屋号が決まっていない場合はこういった点も視野に入れて考えてみてください。

屋号を決めるのに重要な要素

以下の要素を屋号に含めることができなくても、サイト名やページタイトルに含めることは集客において成功に繋がるポイントにもなります。

地域名を含める

お店を探す時に「地域名+業態」で検索する人が多いです。

病院の場合は医療法の兼ね合いで自由に決められませんが、「病院」と「クリニック」であれば「病院」を優先するなど、検索ボリュームが多く、文字数が少ない名前にできると検索流入を狙いやすくなります。

業態を含める

名前を見ただけで「何屋さんなのか?」がはっきりわかり、その中にキーワードが含まれているとより良いです。

屋号は長く使うものだし自分の好きなものでこだわりたいですが、業態を含めるのが難しい場合でも、名前から業態を連想できるようなものにすると、ブランディングしやすくなります。

一般的な語句を使わない

1つの英単語や名詞を屋号にすると検索で上位を取るのが難しくなります。店舗名で検索してもらう時に、一般的なキーワードだと競合が多く検索に埋もれてしまいます。

できることなら複数の単語を組み合わせた造語にしてみたり、あらかじめ予定している屋号と地域名を掛け合わせて検索してみるなどして、競合がいなさそうな屋号にすると検索上位を取りやすいです。

検索しやすい店舗名

漢字で当て字の読み方をする屋号などにすると口頭でお店の名前を聞いても変換できず、検索できないというケースもあります。

アルファベットでお洒落な屋号にしたつもりが、読めなかったり、カタカナで検索されるのにサイト上にはアルファベット表記しかなく、検索に引っかからないということもあります。

短くてシンプルな屋号

Googleの検索結果に表示されるページタイトルは全角30文字程度です。あまり長すぎる店舗名にするとSEO対策を行いにくくなってしまいます。

全てのページタイトルに屋号を入れると、サブページのタイトルと屋号で文字数オーバーとなり、検索に意図した形で表示することができなくなってしまいます。

お客さんからの呼ばれ方を意識する

SNS上での反響を知りたい場合や拡散を狙う場合は、お客さんからの呼ばれ方を意識していた方が、エゴサーチをかけやすくなります。

英語と日本語で表記が分散するくらいならば、2つを調べるだけでいいので簡単ですが、長すぎる店舗名で略称が馴染んでいると、反響を調べるのがめんどくさくなります。

また一般的な単語だと、他の投稿に紛れて自分のお店についての投稿を探すことができなくなってしますので、SNSからの集客を行いたいならば、この辺りを注意して店舗名を考えなければなりません。

間をとって良い屋号を!

ローカルビジネスの宣伝において重要なのは「何処にある」「何屋さん」「お店の名前」の3点を揃えて伝えることです。

普通のお店のホームページならばこれだけで検索流入の9割くらいをカバーすることができます。