AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

SEO対策で求められる良いコンテンツとは?

Googleのアルゴリズムは年々コンテンツを重視するようになり「いいコンテンツを作る事がSEOだ!」とも言われるようになっていますが、具体的に「良いコンテンツ」とはなんでしょうか?

良いコンテンツとは?

良いコンテンツの論争は2011年くらいから続けられていて、最近では「アルゴリズムを追うのではなく、ユーザー目線に合わせて最適化を行う」とよく言われていますが、それもまたぼんやりしています。

どうしても「いいものを作れ!」と言われると「人に評価されるものを作らなければならない」という気になりますが、「良い=好き」という訳でもなく、炎上してリンクが集まったページでも良いと評価される場合があります。感情分析のような仕組みも研究されているので、今後は変わる可能性はありますが、今の所はそういったものはありません。

「良い=需要がある」と置き換えると、外部リンクが集まりやすいページであったり、検索結果でのCTRが高い、など(Google側から)目に見える指標を検索順位に反映していると思うのが自然な流れかと思います。

クリック率を上げるためには、タイトルやディスクリプションをはじめとする訴求を見直したり、リッチスニペットなど検索結果で表示される内容をコントロールし、検索結果の画面でユーザーに情報を伝えられるようにHTMLマークアップを行うことが重要です。

SEO対策における前提

根本的なサイトの性質も重要で、ECサイトかブログなどの情報記事のどちらかによって、検索語句によっては季節ごとにレシピサイトか通販サイトの順位が入れ替わるようなこともあります。

Googleはコンテンツの中身だけでなく、「どういう人(サイト)が発信している情報か」というのも把握しているので、「会社やお店のホームページ」「ECサイト」「ブログ」など、種類によって検索キーワードごとに上位を取りやすいジャンルがあったりして、サイト自体の評価も重要なので、1ページ単位のコンテンツ云々ではどうしようもないこともあります。

クエリの性質や競合との相対的な評価を考えると「良いコンテンツ」の定義を確かめるのは難しいですが、こうした部分を探りながら分析を行なっていると見えてくるものはあるかと思います。

テキストを主体とするページ

なんだかんだでGoogleのクローラーはテキストを読み取り、その内容を解析し検索結果に反映しています。

ECサイトによく見られる画像にを中心に作られたページや、見出しを装飾する為にテキストまで画像で作られたものなど、ページの見た目は良くてもGoogleの評価は低いケースがあります。

最近では画像に書かれている文字を読み取る技術も進んできたので、今後は変わってくるかもしれませんが、今の所テキストを主体としたページが強いことには変わりありません。

適切なテキスト量

厳密には文字数で判断されるのではなく、1つのページで流入に繋がるキーワードをどれくらいカバーできるかが重要です。

2000〜3000文字くらいになるとページの主題がぼやけるたりユーザーにも伝わりにくくなる事があるので、見出しや段落を整え、わかりやすくHTMLマークアップを行い、ページ内リンクで目次を作り、テーマに沿って情報を整理整頓するのが良いです。

また、ブログ記事ならば参考になる関連記事への発リンクや、サイト内のインデックスページであれば関連ページへのリンクなど、ディレクトリ階層やコンテンツに応じてリンクのあるページの方がGoogleの評価が高くなる傾向にあります。

タイトルとページの関連性

Googleの仕組みは文章の意味を把握できると言われています。

書かれている内容が正確かどうかまでは判断できませんが、タイトルに含まれるキーワードとページ内の共起語を読み取って、採点するようなアルゴリズムです。

見出しと段落に含まれる文章の塊(センテンス)からも関連性を判断しています。なので目次や見出し、その段落に含まれる文章を綺麗に作り上げることでGoogleの評価が上がります。

外部リンクを主体とするページ

リンク集や1つのジャンルの商品を紹介するブログなど、ページテーマ沿った外部リンクを含むページが、有益なページとして評価されやすいです。

一つのテーマに沿った商品やサービスを、外部リンクを添えて自分の言葉で紹介しているようなページは、見た人も有益だと感じることが多く、ドメインパワーがあれば検索上位を網羅している大規模サイトのカテゴリーページよりも上位を取ることができます。

外部リンクが中心のページと言っても、一つのドメインへのリンクばかりだと誘導ページとして見られる可能性があるので、複数のドメインなど分散するのがいいです。Amazonや楽天のアフィリエイトリンクばかりのページだと上位を目指すのは難しかったりします。

内部リンクを主体とするページ

内部リンクが中心のサイトならば、リンク先のページの質を上げたり、リンク構造をうまく作ることで、目次ページがより強くなります。

ECサイトや自社サイトの様な外部へのリンクを貼らないサイトの場合、サイト内の内容をまとめたインデックスページの様なものをランディングページとして、下層のページでコンテンツに厚みを持たせます。

目次ページに当たる部分は、リンクばかりになってしまいがちなですが、「見出し」「概要」「関連ページへのリンク」をセットにしてレイアウトを構成することで検索上位を狙いやすくなります。

単純に順位を上げたいページに、狙っているアンカーテキスト(キーワード)で、サイト内部の全てのページからリンクを貼るもの効果的ですが、ユーザーが探しているコンテンツを見つけやすくするために、内部リンクを自然な形で作るという考え方を持っていた方が、今後は有効かもしれません。

コンテンツ集客を成功させるには

お店の集客でブログを書こうと思ってる人は、こうした背景も理解してコンテンツの企画を組み立てなければ、来店に繋げることは難しいです。
「とにかく書く!」というのも一つの正解ではあるので、文章を書くのが得意な人はぜひチャレンジしてみてください。

長文のページは評価が高いのか?

SEOの観点で見ると、単純に長文を用意したページが検索順位が高くなるということはありません。1つのページの中でテーマに沿った内容が長くなった場合は、段落を整理して見出しをつけ、目次を作りページ内リンクでユーザーが探している情報を見つけやすくすることが本来の最適化の意味でのSEOとなります。そうすることで結果として検索流入を得やすくなり、検索上位に上がる可能性も高くなります。

扱う情報の専門性はあるか?

検索上位を狙うには、たくさんのページを作り、なるべく多くのテキスト量が必要だと感じるかもしれませんが、闇雲にコンテンツを増やしてもコンバージョンに繋げるのは難しいかと思います。極端な例ならばNAVERまとめのようにあらゆるジャンルの情報を扱う大型サイトや雑記ブログでもアクセス数を増やすことはできます。しかし、お店の集客ならば来店につながるユーザーを集めなければならないし、通販やアフィリエイト広告を目的としているならば、購入意欲の高いユーザー層にリーチしなければ、いくらコンテンツを増やしても結果は出ません。目的に応じてターゲットを想定し、計画的にコンテンツを作ることで、コンバージョンに繋げられる可能性も高くなりますし、サイトの専門性も高くなりGoogleの評価に繋がります。

SEOについてもっと詳しく知りたい

当ブログでは、この他にもたくさんのSEOに関するテクニックを紹介しています。全ての記事は無料で公開しておりますので、下記のリンクよりご確認ください。

SEO対策 完全マニュアル