AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

サーチコンソールの検索アナリティクスの使い方や活用方法

Search Consoleを導入する理由で最も多いのは「検索アナリティクス」を使いたいからだと思います。登録したものの見たことがないという人もいらっしゃるので、まずは使い方を知って、サイトの改善に有効活用する方法を説明します。

検索アナリティクスとは?

インターネットのプライバシーに関する認識は年々進んでいて、GoogleのSSL化によってアクセス解析で検索キーワードを知ることができなくなりました。

検索アナリティクスでは、SEO対策をするにあたって重要な検索語句に関するレポートを確認することができます。

レポートの見方

レポートを見るためには、サーチコンソールを開き、左側のメニューから、「検索トラフィック」の中にある「検索アナリティクス」を開きます。

はじめに開いた状態では、過去28日間のクリック数順の、クエリ(検索語句)が表示されています。

クエリの他に、ページ、国、デバイス、検索タイプ、日付、からそれぞれのレポートを確認することができ、各項目の中で比較したり、複合的にセグメントを絞ることもできます。

まずは上部の「表示回数」「CTR」「掲載順位」のチェックを入れると、グラフと表に反映されます。基本はこの状態から表示回数で並べ替えたりして実績を確認します。

ページ

URLごとのレポートで、ページ単位の表示回数や検索順位、CTRを確認することができます。

海外展開していない場合は、あまり用途がありませんが、国ごとに絞り込みを行えます。

デバイス

PC、モバイル、タブレットに分けて絞り込めます。

検索タイプ

ウェブ、画像、動画に分けて絞り込めます。

日付

レポートの期間を絞り込めます。最大で3ヶ月間のデータが蓄積されています。

ページごとの検索語句レポートを見る

一番よく使うのは、ページ単位でどのキーワードで検索に表示されているかを確認する方法です。

上部のメニュー内の「クエリ」の隣にある「ページ」にチェックを入れると、キーワードごとの統計ではなく、ページごとの統計に切り替わります。

下の表から統計を確認したいページをクリックするとフィルタが選択された状態になるので、「クエリ」のチェックを入れて元のページに戻ります。

あっというまにページごとのレポートに切り替わりました!この手順を覚えておくことで、特定のページのアクセスが減った原因が見つけられる可能性があります。

レポートを保存したい

検索アナリティクスに保存されるデータは3ヶ月分なので、古いデータを保存しておきたい場合は、表の下部の「ダウンロード」ボタンから1ヶ月単位で保存しておくのをオススメします。

レポートは3日ほど遅れて反映されるので、毎月4日頃にダウンロードしておきましょう。

平均検索順位について

Googleの検索結果はユーザーによる順位の違いもあり、レポートに表示される掲載順位は期間中の変動なども含めて「平均」の順位が表示されます。

また、画像検索の上位に表示されていて、その画像検索の結果へのリンクが、通常のウェブ検索に表示されている場合にも、平均検索順位に反映されます。

検索順位が高くて、実際に見た場合に自分のサイトが見つからない場合は、ユーザーが検索オプションで、細かい絞り込みを行なっているケースも考えられます。

順位はあくまでも参考として、クエリからユーザーにあうコンテンツを作り、ご自身のサービスの宣伝に繋げられるかを考えましょう。