AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

ローカルビジネスを宣伝する方法

お客さんを増やすには広告が重要な鍵を握ります。当ブログでは、近隣住民にお店の場所と名前を知ってもらい、地域密着型のエリア広告を利用し、Web集客をゼロから始めるのに必要な知識をまとめています。

ローカルビジネスとは

ローカルビジネスと聞くと都心部ではない地方の企業をイメージするかもしれませんが、市町村単位や最寄駅周辺の住人をターゲットとしている事業を指します。

ゼロから始めるWeb集客

ローカルビジネスを宣伝するには必ずしもホームページが必要というわけではありません。まずはお店の名前と場所、どういうサービスを提供しているかを知ってもらうことが重要で、その先にサービスの詳細を伝える必要があります。

自分のサイトを持たなくても、Googleマップに掲載したり、既存のウェブサービスに登録することで、無料でお店の所在地や簡単な概要をお客様に伝えることはできます。

まずはホームページを作らずに、インターネット上でのお店の需要やサービスの反響をリサーチし、今後の方向性を固めてみませんか?

ホームページを作る

取り扱ってる商品やメニュー、提供しているサービスのプランや価格など、来店のきっかけに必要な情報が多かったり複雑な場合はホームページを用意する必要となります。

SEO対策を行う

広告費をかけずに集客を行いたい場合は、SEO対策を行わなければなりません。費用がかからないとはいえ、時間をかけなければ結果は出ないので、忙しい方は広告を主体にした方が良いです。

広告での集客を行う

実店舗がある場合は、「Googleマイビジネス」や「エキテン」など店舗向けの情報掲載サービスがあります。

専門的な業態であれば、宣伝しやすいウェブサービスも多数あります。例えば飲食業ですと、「ぐるなび」や「食べログ」に代表されるようなグルメサイトに掲載することもできますので、ホームページがなくても集客は行えます。

ホームページがある場合は、地域や、興味、顧客属性に合わせ下記のような広告展開も考えられます。

地域に絞った広告

Google AdWordsやFacebook広告を利用すると、「お店からの半径10km以内」や都道府県を指定して、その場所に居る(または興味を持っている)ユーザーに対して広告を表示させることができます。

Google AdWordsの場合はキーワード、Facebook広告の場合は後術の顧客属性を軸に、商圏の地域と掛け合わせて絞り込みを行えます。

このようなセグメントを絞って配信する機能はリスティング広告の最大のメリットであり、ローカルビジネスとも相性が良い広告となります。

顧客属性に絞った広告

リスティング広告は地域以外にも、性別や年齢層、子供の有無などで広告配信のターゲットを絞り込むことができます。

特にFacebook広告は顧客属性の絞り込みに優れていて、職業や役職での絞り込みや、利用状況から得られる興味に合わせて広告の掲載を行うことができます。

もっと具体的な集客方法を知りたい!

一言で集客といっても、ホームページの制作や広告にかけられる費用、お店の業態などにより、その手法は大きく変わってくるかと思います。

一般的な集客論については、当ブログで随時紹介していきますが、個別でご相談があればお気軽にお問い合わせください。