AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

Googleマップに掲載する為にGoogleマイビジネスに登録する

会社名や店舗名での検索で確実に1位を取りたい場合は、WebサイトのSEOに取り組むよりもGoogleのマイビジネスに登録した方が楽に宣伝をする事ができます。

ウェブサイトを持っていない場合でも簡易のホームページを作ることもできます。また、登録時にGoogle+のページを作成するので、最低限の情報はユーザーに伝える事ができます。SNSのように投稿機能もあるので、最新の情報を伝えることもできます。

お店の場所を見つけてもらいやすく

「Google マイビジネス」は、会社や店舗など、実店舗を持ちビジネスをしている場合、Googleマップや検索で、情報を発信し、利用者に見つけやすくしてくれる仕組みです。無料で出来るインターネット集客の中では、効果が明確に見えるのでオススメの施策の一つです。 Googleは中小企業を支援する取り組みに力を入れている事もあり、地域経済の活性化に役立つツールとしても注目されており、特に観光業界では積極的に活用されています。

詳しいサービスの内容については、下記のページをご確認ください。

▽Googleマイビジネス
http://www.google.com/intl/ja/business/

マイビジネスに登録するメリット

マイビジネスに登録することで、Googleマップの検索結果や、ナレッジグラフ(スマホの場合はAdWordsの広告枠と検索1位の間、PCの場合は検索結果の右側に表示されるもの)に表示されるようになります。

Google検索はスマートフォンのGPSやIPアドレスから確認できる位置情報を利用していて、会社やお店の近くにいる人に表示させる事もできるので、店舗の場合は見込み顧客を呼び込むことができます。

検索結果に表示される情報も日々進化しているので、まだ登録してない方は取り組むべき内容となってます。実際の表示イメージについては下記ページをご確認ください。

▽Googleにおけるビジネス情報の使用について
https://support.google.com/business/answer/2721884?hl=ja

マイビジネスの登録手順

マイビジネスのページにアクセスし、登録の画面に進み、住所やお店の情報をフォームに入力するだけで登録できます。

後日、送られてくるハガキのオーナーの確認コードを入力し、登録した情報が承認されれば、検索やGoogleマップに表示されるようになります。

登録時の注意点はガイドラインや下記の情報を参考にしてみてください。

▽Googleに掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン
https://support.google.com/business/answer/3038177?hl=ja

ビジネス名の注意点

登録時の注意点として、ガイドラインに沿った情報の入力が厄介で、複数の拠点を持っている場合に注意が必要だったり、該当するカテゴリを探すのが少し難しかったりします。

ビジネス名は「会社名」や「店舗名」を登録します。キャッチコピーや無駄な装飾文字を使わないのは理解できますが、英単語の場合はアルファベットを全て大文字にしてはいけなかったり、〇〇店など地名を含めることができなかったり、少し複雑な制約があります。ガイドラインに沿っていなくても承認されているケースも見かけます。

住所の注意点

同じ建物に他の店舗がいる場合は部屋番号まで入力することで登録できますが、地図上では優先して表示されない場合があります。また同一フロアーに複数の会社がいるオフィスで部屋番号がない場合は、AdWordsと連携する時にうまくいかなっかったりする事もあります。

オーナー確認のを受け取れる状態でなければ登録を完了させることができないので、建築中のお店の場合は登録のタイミングを調整しなければ新規オープンに間に合わせることができません。

カテゴリの注意点

カテゴリは会社の場合は「人材派遣業」「製造元」など、できる限り事業内容にあった情報を選びます。「企業のオフィス」にすると、どんな企業でも該当するので承認されやすいです。

店舗の場合は「居酒屋」「カフェ」などの業態を入力します。店舗の業態は検索されやすいキーワードでもあるので、適切なものを選ぶ必要があります。

該当するカテゴリに迷う場合は、適当なキーワードを見繕ってサジェストに表示されるものを選択すると確実です。

iPhoneのマップアプリに掲載するには

Googleマイビジネスと同じようにiPhoneのマップアプリにもお店の情報を掲載することができます。登録には「Apple ID」と「電話認証」が必要です。

利用しているユーザーが多い割に、掲載する企業側には登録手順が知られていないのでGoogleマップよりも強豪店少なく、メリットが大きいかと思います。

▽Map Connect
https://mapsconnect.apple.com

登録に関するご相談

PC操作が苦手だったり登録が難しいと思う方はお気軽にお問い合わせください。