AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

SEOに取り組むなら覚えておくべきGoogleのアルゴリズム

グーグルが検索順位を決めるためのシグナルは200以上あると言われていますが、その中でも名前のついた代表的なアルゴリズムや検索結果の表示に関わる仕組みについて説明します。

ドメインの多様性

2013年から始まった一つの検索キーワードで表示される同じドメインのサイトを制限する仕組みです。

あまりにも自然に馴染みすぎてあまり意識されていない仕組みですが、同一のドメインで検索1ページ目を独占するようなことができなくなりました。

Webサービスのドメイン配下にページを作るようなサイトでは、同じサービスを利用していて同じキーワードを狙っている競合がいると、自分のサイトが上位を取りにくくなるので注意が必要です。

フレッシュネスアルゴリズム

ブログの記事を公開したばかりの時は上位に表示されるけど、時間と共に順位が落ちるのはこのアルゴリズムが影響している可能性があります。

QDFアルゴリズム

世間から注目を集めているトレンドのキーワードなどで一時的に表示されるサイトが入れ替わる仕組みです。フレッシュネスアルゴリズムと混同しそうになりますが全く別物です。

パンダアップデート

2011年〜2012年にかけて導入されたコンテンツの質を判断するアルゴリズムです。
同じ内容のデザイン違いのようなサイトや、キーワードだけを差し替えた似たようなページを量産するサイトの評価が下がり、コンテンツを重視するSEOが広まったのも同じ時期です。

ペンギンアップデート

2012年に始まったアルゴリズムで、外部リンクの質を判断するものです。
この頃のGoogleの進化は目まぐるしく、パンダアップデートと同じ時期に始まり、ただ数を集めればいい被リンクでのSEOが通用しなくなりました。

ハミングバード

長文の検索キーワードでもユーザーが求める結果を表示するための仕組みです。

スマートフォンの音声入力で検索される質問形式のクエリでも適切な検索結果を表示させることができるようになりました。

フレッドアップデート

2017年に医療系情報を扱うサイトの信ぴょう性が問題になり、その対策として作られたコンテンツの品質に関わるアルゴリズムです。

少し「気まぐれ」な理由で命名されたこともありパンダアップデートやペンギンアップデートの一部とも見えるような内容で、継続的にこの名前が使われることはなさそうです。

モバイルファーストインデックス

今まで検索順位を決めるのはPCサイトを元に評価されていましたが、それをスマートフォンサイトを評価の対象にすると言うものです。

2016年に発表され、リリースが遅れていますが2018年には導入される予定です。