AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

ネットショップの作り方 初めての方におすすめの開設方法

これからネットショップを始めようと思って、まず始めに躓くのは「どこでネットショップを作ったらいいのか?」というところだと思います。立ち上げまでに必要な基礎知識や、ネットショップを設置する場所の選び方を紹介します。初めの一歩を踏み出すための参考にしてみてください!

どこで開設するのが一番良いか?

ECモールやレンタル系のカートシステムは顧客を抱え込んでいるので、販売する商品ごとの適正があり、仕入れ商材か自社開発のオリジナル商品を販売するのかで、大きく変わってきます。

色々ありますが、使い勝手が良さそうなところを利用して、サイトの制作や運用の仕方を覚える手間がかからなさそうなところを選ぶのが良いかと思います。

ECモールに出店する

全くECサイトを運営した経験がない場合は、手数料は高いけど販売に即決するECモールに出店するのが安心です。

日用品など女性をターゲットにしている場合は楽天、デジタル製品やリテール品など男性をターゲットにしている場合はAmazonなど、モールが抱えている客層に合わせて出店を検討するのが良いです。

出店の前に自社で扱う商品をどのようなキーワードでお客様が探しているかを想定し、モールの検索で類似商品が販売されているか確認してみてください。

類似商品が見つかれば、その商品のレビュー数やレビューの間隔、直近のレビューの購入日が最近であるかなどを調べることで、モール内でどのくらいの需要があるかを探ることができます。

Webサービスを利用する

BASEやSTORES.jpなど無料から始められるECサイトはいくつかあります。有料のサービスも視野に入れるとカラーミーやMakeShopなど選択肢の幅が広がります。
また、ホームページを主体として販売機能をつけたいならアメーバオウンドやWixなどの選択肢もあります。

いずれにしてもテンプレートを選び少しカスタマイズするだけで簡単にECサイトを立ち上げることができます。決済代行会社と直接契約しなくてもクレジットカード決済を利用することができるメリットもあります。

システムの保守管理やSEO対策など、運営者側が全て行ってくれるので、手軽にECサイトの運営ができます。

自社ECを立ち上げる

EC-CUBEなどサーバーにインストールしてECサイトを立ち上げる方法もありますが、構築のための知識はもちろん、サーバーやCMSの保守管理などWebに関する幅広い知識が必要になります。デザインや集客もゼロから考えなければならないので、手軽に始められるものではありません。

特色のある通販の場合

定期購入や海外販売を始め、BtoB(企業間取引)の卸売通販や、CtoC(個人間取引)のハンドメイド商品の販売など、最近ではひとえに「通販」と言っても様々なケースがあります。それぞれ販売しやすい通販システムがあるので、適切なサービスを選ぶのがおすすめです。

リピート通販の場合

定期購入がメインの場合、リピート販売に強いカートシステムを利用するのが良いです。

購入から起算して何日後にメールを送る「シナリオメール」の機能があると、購入者に合わせて自動的にメルマガを配信できるので、リピート購入に繋げやすくなります。

海外販売を行う場合

「海外に向けても売っていきたい!」という気持ちだけでECサイトを立ち上げるならば、海外への販売機能があるECモールを利用した方が手間もコストもかからず売上に繋がるはずです。

自社ECを構築して中国に向けて販売を行う場合、日本国内のサーバーにECサイトを構築すると、中国のアクセス規制によりサイトにアクセスできないということもあります。

また、サイトのローカライズや発送など顧客対応も含めると、ある程度サポートしてくれるECモールの方が圧倒的に有利で始めやすいです。

トップページのデザインが及ぼす影響

運営者側の目線で見るとトップページのデザインは重要だと感じるかもしれません。しかし多くの場合、ユーザーはトップページではなく商品ページを最初に見ることになります。トップページを重要視するならば、ブランドやお店のファンになってもらう必要がある場合に限られてきます。初期のコストを削減したい場合は売れ筋の商品のページのイメージ向上を優先し、サイト全体のイメージは後回しにしても構いません。

複数店舗をまとめて管理

ネットショップは幾つでも開設できるので、1つの店舗だけしか運営してはいけないというルールもありません。運営に手が回るならば自社ECとモール出店を同時に行うことも検討できます。

受注管理システムを利用すると複数の店舗の注文をまとめて一つの管理画面で管理することができます。

オープン後の運用面のことも考えておくと立ち上げがスムーズに行えます。