AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

アドワーズ広告文の上手な作り方と品質スコアを上げるコツ

Google AdWordsの配信設定はできても、テキスト広告を作るのは簡単ではありません。文字数制限のある短文のテキストは長文を作るのより難しいです。拡張テキスト広告に移行して、より難易度が上がったと感じるかとも多いかと思います。

ちょっとした基本を押さえることで上手に作れるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

テキスト広告の作り方

広告文の基本の型は以下のような形となります。狙いたいキーワードだけを網羅して意味が伝わらない文章にしてはいけません。
キーワードを含めた上で、伝えたいことを箇条書きでもいいので材料として用意し、型に沿って整えることで、例文がなくてもスラスラまとめられるようになります。

広告見出し 1 :狙ったキーワードを含む見出し
広告見出し 2 :キャッチコピーや行動を促すフレーズ
広告文:関連するキーワードを含む補足

狙ったキーワードを含む見出し

検索でユーザーが探しているものは、まず初めに読まれる「広告見出し1」部分に書かれている文章を読んで判断しています。できる限り入稿するキーワードを使った見出しを考えてみましょう。

15文字で入りきらない入稿キーワードは別のグループに分けるなどした方が、結果としてユーザーの利便性が高くなるケースが多いです。

キャッチコピーや行動を促すフレーズ

ユーザーにとって欲しい行動は明確に示した方が良いです。「まずはお問い合わせ」「今すぐ予約」「購入はこちら」などの行動を促すフレーズや、製品やサービスを魅力的に伝えるための訴求を含める必要があります。

関連するキーワードを含む補足

見出しには収まりきらない訴求や行動を促すフレーズは、広告文で補足します。

その他のパターン

「基本の型」以外にも、ブランディングを重視する場合は「店舗名」を見出しに含めたり、セミナーやイベントの告知なら「開催日」を含める事も大事です。

品質スコアを上げるコツ

まず入稿の基礎として以下の3点のキーワードを揃えることでクリック単価を低く抑えることができます。

  • 入稿しているキーワード
  • 広告文に含まれるキーワード
  • LPのタイトルに含まれるキーワード

品質スコアを決める要素として、「キーワードと広告との関連性」が重要になります。
このほかにもページ内に関連するキーワードを含む文章が記載されていると、より効果が発揮されます。

入稿キーワードに沿った広告文やLPがない場合は、新しく広告文やLPを作り、別のグループに分けて品質スコアを高めていく流れとなります。

A/Bテストは必ず行う

広告文を作るのが難しいと言っても、必ずしも一発で完璧な原稿を仕上げる必要はありません。

1グループに複数の広告文を入稿することで、どの訴求の効果が高いかをテストすることができます。

品質スコアを決める要素には広告のクリック率も関係してくるので、クリック率やコンバージョン率が高い広告を残して、さらに効果の高い広告文を作れないかを追求する流れとなります。

まずは各グループ2つ以上を目標として入稿してみてください。

禁止されている表現

いくらクリックされたいと思っても誇大広告になったり、薬事表現を無視すると、広告の配信が停止されてしまいます。違反を繰り返していると最悪の場合アカウントごと停止される事もあります。

公式の「不実表示」に関するポリシーをご確認ください。
https://support.google.com/adwordspolicy/answer/6020955