AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

キーワードプランナーの使い方や有力キーワードの選定方法

アドワーズの運用で最も重要な鍵を握るのはキーワード選定です。キーワードのリサーチから、ランディングページの調整や広告文の作成を行い、入稿までの段取りに必要な考え方を紹介します。

キーワードプランナーとは?

Googleが提供するツールの中には新しいキーワードを見つけるのに活用できる「キーワードプランナー」というものがあります。

このツールを使うと、入力したキーワードやランディングページから、検索ワードの候補や、検索ボリュームと推奨入札単価、競合の有無などを調べることができます。

AdWordsのアカウントをお持ちでも費用をかけていない場合は機能制限がかかり、正確な検索ボリュームを知ることはできませんので注意が必要です。

キーワードプランナーの使い方

主に使うのは2つの用途になることが多いです。検索の方法が3つに分かれているのですが、「検索ボリュームと傾向を取得」では単独のキーワードしか調べることができないので、「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を利用するのをオススメします。

新しいキーワードを検索

出稿するべきキーワードが全く予測できない場合は、「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」から「ランディング ページ」にご自身のサイトのURLを入力するだけで、サイト内の文章からキーワードを拾ってデータをまとめてくれます。検索ボリュームや推奨入札単価から、予算の目安を立てどのキーワードで広告を出稿するかどうかを検討します。

検索ボリュームを調べる

出稿するキーワードがある程度定まっている場合は、「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」から「宣伝する商品やサービス」にターゲットとなるキーワードを入力します。
平均月間検索ボリュームや関連性の高いキーワード候補をまとめて確認することができます。

入札単価や予算を見直す

「アカウントのキャンペーンやキーワードの予測データを取得」からアカウントを選択すると、既存アカウントの入札単価の調整による1日に必要な予算をシミュレーションすることができます。

また、アカウント全体での検索ボリュームの傾向を確認することもできます。

キーワードのリサーチ方法

「キーワードプランナーを使いこなすとお宝キーワードを探したり、ものすごいことができる!」と期待している方もいらっしゃるかもしれませんが、キーワードプランナーで調べようと思うキーワードが頭に浮かんだ時点で半分以上は問題が解決しているので、このツールを活用するメリットはあまりありません。

キーワードのトレンドも見ることができますが、実際に販売やサービスを提供していたら、どのシーズンに盛り上がるかは、肌で感じるくらいには理解しているはずです。

「新しいキーワードを見つける」という目的ならば、提供するサービスを軸に、「どのようなキーワードで検索してる人に伝えたいか」を考える方が結果として良い方法に向かいます。

費用面を気にするのであれば、そのキーワードとマッチする広告文やランディングページを考え、品質スコアをあげるための取り組みを考えるべきです。

キーワードの選定方法

まずランディングページ内の文章を見て、どういった「キーワードで検索してそのコンテンツに辿り着いて欲しいか」を想像してみてください。

そのキーワードが表題やタイトルタグに含まれて入れば問題ありません。キーワードをもとに広告文を練る工程に進みます。

もしパッとしたものが思いつかない場合は、そこで初めて「キーワードプランナー」を使ってみたり、サーチコンソールの検索語句のデータを参考にキーワードを選定します。

キーワード入稿の仕組み

AdWordsの入稿では、広告を掲載するキーワードと、除外するキーワード2つを設定することができます。

何も意識していないと「部分一致」だけを利用して入稿しているかと思います。「完全一致」や「フレーズ一致」を使いこなすと、より精度の高い配信設定を行うことができます。

特に除外キーワードは重要で、他のリスティング広告よりもAdWordsが優れている点の一つとなります。ぜひ活用してみてください。

キーワードのマッチタイプ
https://support.google.com/adwords/answer/2497836?hl=ja

除外キーワード
https://support.google.com/adwords/answer/2453972?hl=ja

キャンペーンごとのキーワード設定

キーワードによる入稿ですが、検索広告とディスプレイネットワークでは少し仕組みが違います。

検索ネットワーク キャンペーン

検索広告ではユーザーが入力した「検索語句」と入稿キーワードが一致した場合に、広告が表示されます。

ユーザーが入力した語句に除外キーワードが含まれていたり、マッチタイプが合わない時は広告が表示されません。

クリックに繋がったキーワードは「検索語句」のレポートで確認することができるので、シンンプルでわかりやすい仕組みです。

ディスプレイネットワーク キャンペーン

サイトにバナーを掲載する広告でのキーワード設定は、「オーディエンス ターゲティング」「コンテンツ ターゲティング」の2つの設定があり、検索広告とは少し違った解釈が必要です。

▽オーディエンス ターゲティング
指定したキーワードに関心を持つ可能性が高いユーザーに対して、および指定したキーワードに関連するウェブページやアプリ、動画で広告を表示(推奨)

▽コンテンツ ターゲティングのみ
指定したキーワードに関連するウェブページやアプリ、動画でのみ広告を表示

キーワードにマッチする人に表示させたい場合は「オーディエンス」、ページの内容にマッチさせたい場合は「コンテンツ」を選びます。

オーディエンスの設定を使うと費用対効果が悪い傾向にあるので、PR目的か販売強化なのでかで、うまく使い分ける必要があります。

1グループに追加するキーワード数は?

検索ボリュームが安定しているキーワードであれば1グループ1キーワードでもうまく運用することができます。

目安として、広告見出し1の15文字の中に含まれるるキーワードで、グループを構成すると、3〜10キーワードくらいで収まるはずです。

1つの広告文に対する表示回数を稼いだ方が、クリック率の信頼性が上がり品質スコアの向上に繋がるので、グルーピングは慎重に行うべきです。

最適化の通知には従うべきか?

AdWordsを運用していると「〇〇個のキーワードを追加します」という通知をよく見かけるかと思います。

結論から先に言うとこの通知は絶対に無視した方がいいです。

キーワードの選定は広告文、ランディングページのタイトル、入稿キーワードを揃えなければパフォーマンスをあげることはできません。

なので、この通知に従っているとグルーピングが台無しになります。推奨されるキーワードをもとに、どのグループに入れ広告文とマッチさせられるかを考えながら追加を検討しましょう。

アドワーズ運用のコツを知りたい

当ブログでは、この他にもたくさんのGoogle AdWordsに関するテクニックを紹介しています。全ての記事は無料で公開しておりますので、下記のリンクよりご確認ください。

アドワーズ 完全マニュアル