AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

アドワーズのキャンペーンの種類と上手な使い分けの方法

AdWrodsで広告を掲載するには、まずキャンペーンの作成が必要です。キャンペーンの種類や、分ける意味を理解して上手な運用を行う方法を紹介します。

キャンペーンの種類

はじめにキャンペーンを作成する時は、広告を掲載したい場所によって、どのキャンペーンを使うかを決めなければなりません。

検索ネットワーク(ディスプレイネットワーク対応)

検索広告とサイトへのバナー広告の掲載を同時に利用できるもので、「最も多くのユーザーに広告を表示できる」とされています。

予算に余裕があり手間をかけずに広告の表示を増やしたい場合には便利ですが、少額の予算で成果をあげたい場合は利用を控えた方が良いです。

検索ネットワークのみ

検索結果に表示させる広告のみを出稿するキャンペーンです。市場のあるキーワードを見つけ出せば成果に繋がりやすく、AdWordsの中でも最も扱いやすい広告です。

SEOで上位を取れないキーワードを補う目的で利用するのも有効です。上位に表示された時の効果をリサーチするためにも活用できます。

ディスプレイネットワークのみ

お店の認知度を上げるためのバナー広告を掲載したい時に使うキャンペーンです。検索広告並みに費用対効果をあげようと思うとかなり手間がかかります。

キーワードと商品が結びつかない新しいサービスを展開する場合や、テキストより画像で見せた方が伝わりやすいものはディスプレイ広告が有効です。

ショッピング

通販を行なっている人が利用するキャンペーンです。検索の最上部やGoogleショッピング検索結果に画像付きで表示されるので、購買に繋がりやすい広告です。

商品フィード(掲載する商品の一覧)を作成する仕組みなど、掲載の設定が難しいので、扱いづらい部分もあります。

動画

動画を見てくれる人を増やしたい時に使うキャンペーンです。動画を用意するのが難しいかもしれませんが、1再生1円程度でも十分なボリュームで掲載できます。

掲載するにはYouTubeにアップした動画を利用するので、単純に動画の再生回数を増やしたい場合にも有効です。

ユニバーサル アプリ キャンペーン

アプリの宣伝を行う時に使うキャンペーンです。App StoreやGoogle Playの中で埋もれてしまったアプリでも、検索から見つけてもらいやすくなります。

ダウンロードページに直接誘導することができるので、アプリを公開したけどサイト内での誘導や告知が不足していた場合でも、補う役割を持たせることができます。

キャンペーンの使い分け

初めてAdWordsを運用するならば、「検索ネットワークのみ」を利用し、来店につながる見込みがたてば、ディスプレイネットワークにも広告を広げる流れを組むのが良いです。

アドワーズはキャンペーンごとに1日の予算の上限を設定することができるので、商品や目的に応じて予算を立てておくことで、全体のバランスを調整しやすくなります。

PCとスマホ向けでキャンペーンを分けたり、同じキーワードを狙う広告グループを別のキャンペーンに分散するのは、品質スコアの仕組み上良くないです。

例えば実店舗の集客であれば、近隣エリアに絞った検索広告のキャンペーンを一つ作り、その中にランディグページごとにキーワードをグルーピングした広告グループを複数用意します。

他府県など広範囲からの集客を見込めるサービスがあれば別のキャンペーンを作成し、予算を切り分けて管理します。

同様にディスプレイネットワークのキャンペーンを作れば、2〜4つくらいのキャンペーンで綺麗に運用を回すことができます。

アドワーズ運用のコツを知りたい

当ブログでは、この他にもたくさんのGoogle AdWordsに関するテクニックを紹介しています。全ての記事は無料で公開しておりますので、下記のリンクよりご確認ください。

アドワーズ 完全マニュアル