AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

アドワーズの入札単価の決め方、掲載にかかる費用の相場

Google AdWordsの広告費はオークションのような形式をとっているので、入札単価の設定が重要です。ご自身の費用感で希望の入札単価に設定して、そこで終わってる人も多いかと思いますが、正しい知識を持って入札を行うと、トータルのコストを下げられることもあります。

入札単価の決め方

よくある間違ったケースは、「1クリック50円以上支払いたくないから50円で入札する」というお話をよく聞きます。ディスプレイ広告の入札ではそういった方法でも良いのですが、検索広告でこの方法を行うと掲載の機会を失うことになります。

実際にかかる費用は、入札単価で設定した料金がクリックごとに発生するのではなく、自社が50円で一番高く入札していて、その次の他社が10円で入札しているとすると、1クリックにかかる費用は他社を上回るのに必要な金額を足した11円になります。逆に他社が50円で入札しているキーワードに、それ以下の金額で入札しても、他社が一日の予算に達して入札が止まった時にしか、自社の広告が表示される機会が生まれません。

AdWordsの管理画面で確認できる指標を元に入札すると掲載をスムーズに行うことができます。

First Page Bid の見積もり

検索結果でクリックされるのは1ページ目に表示されたものがほとんどです。なので、1ページ目に広告を表示させるには、First Page Bid の見積もりに出てくる金額で入札しなければなりません。

新しく作成した実績のないアカウントだと、品質スコアが低く、初めは高く感じるかもしれませんが、実績を重ねることで安くなるので、初めは素直に従うのが良いです。

ページ上部表示の推定入札単価

1ページ目の中でもページの上部が最もクリック率が高く、下部になると上部の半分以下のクリック率になります。なので、上部に表示させたい場合は入札単価を引き上げなければなりません。

管理画面のグラフの上部にある「表示項目」(新管理画面の場合は表の右上のアイコン)から「表示項目の変更」を選び、「属性」の中にある「ページ上部表示の推定入札単価」を選択して適用すると、上部に表示させるのに必要な金額が表示されるようになります。

入札単価シミュレーション

毎日安定して表示が行われるキーワードでは、「入札単価シミュレーション」のツールで競合の入札単価と比較して「いくらで入札したらどれくらいの表示が増えるか?」を確認することができます。

主要なキーワードはコンバージョン単価など実績を確認しながら、入札単価の調整を毎日行います。

掲載にかかる費用の相場

紙媒体や他の広告と比べて、1クリックの単価が高いと感じる方もいらっしゃいますが、数クリックの平均クリック単価で、広告の価値を決めるのは良くありません。また、一概に「どのキーワードがいくら」といった考え方も少し違います。

クリックから成果が発生するまでをトラッキングできるのがAdWordsの強みでもあるので、1件のコンバージョンにかけられる広告予算を決め、見合った成果が出るように費用を調整しなければなりません。

競合よりも販売に繋がりにくいサービスであったり、ランディングページの訴求が弱いなど、変動する要素も多く、他社と比較するのは簡単ではありません。

全体の傾向として、販売単価が高いものは利益も多いので入札単価が高くなります。1度の購入や来店からリピート率の高いものはも入札単価が高くなる傾向にあります。
同じキーワードを狙う競合が多ければ相場は上がっていき、利益が取れなくなる金額で落ち着くので、そこで相場が安定します。

ちょうど良い相場で費用対効果が見合うならば掲載を続ける価値が見出せているはずです。