AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

実店舗のネット広告戦略を練るにあたって必要な基礎知識

お店が利用する広告は、Google AdWordsやFacebook広告などリスティング広告や掲載型広告くらいしか使う機会がないかもしれませんが、広告の仕組みや配信方法の種類など、インターネット集客の全体像を知っておいて損はないかと思います。

Web広告を展開するにあたって

広告の目的を大きく2つに分類すると、売上アップか、製品のPR(認知度を上げる)に分かれます。

売上アップを目的とする場合、掲載するページ(LP/サイトトップ/商品ページなど)と、広告原稿(テキスト/画像バナー)が必要となります。また、効果検証し、PDCAサイクルを繰り返すための分析体制の構築も必要となります。

「集客元→バナーのマッチング(ページへの誘導)→ページの完成度(購入意欲の増加)→システム面(購入やお問い合わせのし易さ)→成果」と言った流れをバッリチ完成させなければ、広告費をかける価値はありません。

インターネット広告の仕組み

インターネットで広告を掲載する方法はいろいろあります。

課金方法で分類すると、一定の期間で掲載をお約束する期間保証広告、クリック単位で料金が発生する広告、購入やお問い合わせなどの成果が発生した時点で料金が発生するアフィリエイト広告などが主流となります。

期間保証

1週間〜1ヶ月程度の期間に対して支払いが発生する広告です。

クリック保証

1クリックごとに料金が発生する広告です。

インプレッション保証

バナー広告など表示回数ごとに料金が発生する広告です。

配信数保証

プレスリリースやメルマガなど、配信数ごとに料金が発生する広告です。

アフィリエイト

注文やお問い合わせに繋がった時点で料金が発生する成果報酬型広告です。

広告の配信方法

掲載する媒体のタイプも様々で、一括して掲載先を取りまとめるシステムや、配置方法による違い、目的による違いなど、複雑に分類することができます。

費用感としてはリスティング広告であれば数千円から始めることはできますが、純広告となると、媒体によっては月30〜100万くらいの規模が目安となります。

リスティング広告(検索連動広告)

GoogleやYahoo!などが提供する、検索結果に表示される広告です。

指定のキーワードでの検索結果に広告が表示され、クリックごとに課金されるので、費用対効果を図りやすく、実店舗の広告に向いてます。

ディスプレイ広告(アドネットワーク)

広告主と配信主を仲介し、一カ所で配信を管理し大量のサイトに広告が出せる仕組みです。

主にPRを目的としている場合に利用し、アドネットワークの掲載枠を持つ、様々なサイトの中からセグメントを絞り、イメージ画像でユーザーに情報を伝えることができます。

アフィリエイトASP

成果報酬で、提携するブロガーやWebメディアへの掲載を斡旋するサービスです。

主に通販や予約・お問い合わせなど成果を計測できる仕組みを持つサービスで利用しやすい広告の配信方法です。

掲載型広告

サイト内にページを作成し掲載する広告です。「エキテン」や「ぐるなび」など実店舗向けのWebサービスも多くあります。

楽天やYahoo!ショッピングのような出店型のECモールも、捉え方によっては掲載型の広告として考えられます。

メール広告

掲載型広告のサービスの一部として、利用者向けに配信するものや、会員向けにメルマガ配信のみを行ってるサービスがあります。

記事広告

ニュースやコラムなど記事を作成してもらい人を集める広告です。

記事を読んでもらうことにより、製品やサービスに対する理解を深めてもらってからサイトに誘導することができる反面、直接サイトに誘導できるクリック数が減るため、広告効果の測り方に注意が必要です。

プレスリリース

新製品情報などBtoB向けの情報発信を行うことができます。

中小企業など法人が利用することが多く実店舗には向いていませんが、企業向けに知ってもらう必要がある場合は検討しても良いかもしれません。

純広告

媒体と直接取引きを行ない、バナー広告を入稿し掲載してもらう広告です。
広告費が高額になるので実店舗では利用することはほとんどありません。