AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

お店をインターネットで宣伝するための集客経路

「ホームページを作ってお店の宣伝をしたい!」と思っても、サイト公開するだけでは誰にも見てもらえません。

まずはどのような集客経路があって、人を集めるには何が必要かを把握することで、今後のプランを明確にすることができるかと思います。

集客経路の種類

インターネット上での人の流れは複雑に見えますが、意外とシンプルです。大きく分けると以下のように分類されます。

具体的な施策については省きますが、検索からの流入を中心に、苦手なところをどこで補うかを考えることで、Web集客に取り組みやすくなります。

検索してくる人

さて、ホームページの集客というと「SEO」を真っ先に思い浮かべる人も多いかと思います。検索からアクセスしてもらうには、「キーワード」が重要です。
検索流入を狙うと言ってもキーワードによって性質が違い、それぞれのアプローチ方法を考えなければなりません。

ほとんどの場合、検索結果の1ページ目に表示されなければ流入を狙うことはできません。

店舗名での検索

お店の所在地や、サービス内容をまとめただけの数ページで構成されたホームページの場合、屋号での検索流入を狙うことしかできません。

確実に1位を狙うためには、タイトルタグの設定やサイト内リンクの文言を調整したり、ホームページを製作する段階で構造をきちんと作っておかなければなりません。
店舗名で検索してもらうには、当然ながらお店の名前をどこかで知ってもらわなければなりません。そのためには広告や口コミで知名度を上げるための施策が必要になります。

業態での検索

お店を宣伝するにあたって、一番狙いたいのは業態での検索かと思います。

例えば「〇〇屋」だけのキーワードの場合、ポータルサイトなどたくさんのお店の情報を扱うサイトが上位に来るため、個人のお店で1ページ目を狙うことは難しいです。

この場合は上位に表示されているそのサイトに掲載できるかを検討してみたり、複合ワードを狙う必要があります。

地域名を含めた検索

検索でお店を探したことがある人は、やったことがあるかもしれませんが、「〇〇屋」で検索しても日本全国のお店が表示されてしまうので、絞り込むために「地域」のキーワードを含めた検索を行うことがあります。

最近では、GoogleのCMでもよく聞くようになった「近くの〇〇屋さん」と言った検索方法もよく使われます。

この検索にひっかかるようにするには、Googleマイビジネスに登録して、Googleマップに掲載することで、ユーザーの位置情報と照らし合わせて近隣にいる場合に検索に表示されるようになります。

広告からの流入

広告には様々なものあり、月額で掲載する広告や、お問い合わせや予約など成果が発生した時に料金が発生する広告など、いくつかの種類があります。

お店の集客経路として考えられる広告は、以下のようなものがあります。

リスティング広告

Googleやヤフーが提供する広告サービスには、検索結果や様々なサイトにバナー画像を掲載する仕組みがあります。

自然検索で上位を狙うことが難しいキーワードはリスティング広告を利用してホームページを見てもらう事もできます。

クリック単位で料金がかかり、ご自身で決めた予算で運用することができるので、少額の費用でも始められるのがメリットです。

SNS広告

お店のアカウントをフォローしていない人に投稿を見せたり、フォローを促す広告を出すことができます。

フォロワーを集めるために広告費をかければ、その後の告知には費用をかけなくてもよくなるので、アプローチ次第ではとても有益な集客経路を作ることができます。

サイト掲載型広告

検索やSNSはユーザーは様々なフェーズにいることが多く、実際に来店に繋げるが難しいので、「お店を探している人」が集まるサイトに掲載するのが、手っ取り早いです。

中には無料で使えるものもあるので、まずは登録してみるのが良いです。ページの内容を充実させたり、サイト内の検索で上位に表示させたりするには、別途費用がかかります。

オフラインからの誘導

インターネットの集客力に期待して夢見てる人には意外と思われるかもしれませんが、思った以上にオフラインからの影響力は大きいです。

ネット上での集客経路を作るだけでなく、「検索させるためのアプローチ」というのも重要になってきます。

ブログを活用した集客

検索からの流入を増やすために、取り組むべきだを思う施策で、一番思いつく人が多いのは「ブログを書くこと」かと思います。

ただブログを書くだけでは検索上位に表示させるのは難しく、来店に繋げようと思うとかなり計画を練った施策が必要になります。

検索流入は無料だと考えてる人も多いかと思いますが、実際には膨大な時間が必要となります。