AdRegion

ローカルビジネスの宣伝に必要な全てを

Googleアナリティクスの導入 アクセスの分析や数字の読み方

ホームページ作成のWebサービスやレンタルブログを利用している方は、簡易のアクセス解析を使っているかもしれませんが、本格的な分析にはGoogleアナリティクスの導入が必要です。

まずは概要や指標の意味、数字の読み方を学んでみてはいかがでしょうか?

Googleアナリティクスとは?

グーグルが提供するアクセス解析で、Googleアカウントがあれば無料で使うことができます。同等の機能を持つアクセス解析がほかに無く、ほとんどのWebサイトオーナーが利用しているので、同じ基準で数値を比較することができます。

スマホのアプリで確認する

初期設定を行なってしまえば、スマートフォンのアプリでも閲覧することができます。リアルタイムのアクセス数を見たり、先月比の数値をサクッと確認するのには便利です。

Google Analytics

Google Analytics

  • Google, Inc.
  • ビジネス
  • 無料

Androidの方はこちら

Google Analyticsの設置

アナリティクスを使うには「トラッキングコード」と呼ばれるHTMLタグをホームページに埋め込まなければなりません。

公開している全てのページに設置する必要があるのですが、CMSのプラグインやタグマネージャを利用すると1箇所の設定ですみます。

利用しているサービスによってはトラッキング ID(UA-XXXXXXXX-X)を設定するだけで設置が完了するものもあります。

設置が完了したらアナリティクスの管理画面から下記の設定を行うことをおすすめします。

自分のアクセスを除外する

ビューの「フィルタ」から「フィルタの追加」を選択し、「定義済み」「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択し、自分のIPアドレスを入力します。

自分のIPアドレスは「確認くん」などを使うと調べることができます。

目標を設定する

ビューの「目標」のページから「新しい目標」を画面の指示に従って設定します。
「到達ページ」でお問い合わせ完了ページを設定したり、「イベント」で目標への遷移を設定したりします。

イベントの設定は少し複雑なので、制作会社などに相談した方が良いかもしれません。

eコマースの設定

通販を行なっているサイトの場合は、設定すると売上高をアナリティクスで計測できるようになります。

購入完了画面にタグの設置が必要になるので、こちらも制作会社に相談した方が良いかもしれません。

他のサービスとのリンク

Googleが提供しているAdWordsやAdSense、Search Consoleとの連携ができます。
閲覧だけであれば、それぞれの管理画面にログインする必要がなくなるので、設定しておくと便利です。

指標の意味

アクセス解析に使われる指標は様々なものがあります、まずは一部ですが最低限でも覚えておいた方が良いものを紹介します。

PV(ページビュー)

何ページ見られたかを示す数字です。一般的に「アクセス数」と言われるのはPVのことが多いです。

UU(ユニークユーザー)

クッキーやIPアドレスで判別される訪問者数を示す数字です。

セッション数

何回訪れたかを示す数字です。リピーターが多い場合はユーザー数は増えないけどセッション数はカウントされて増えます。

直帰率

1ページだけ見て帰ってしまった人の数です。1ページで満足して帰る人もいるので、この数値が高いからといって一概に悪いとは言い切れません。

平均セッション時間

いわゆる「滞在時間」のことです。訪れた人が他のページに遷移したりイベントのアクションを起こした時点でカウントされるので、直帰してしまうと滞在時間に反映されません。

CVR(コンバージョン率・転換率)

訪問者数に対して、成果に至ったユーザーの割合を示す数字です。

通販を行なっていない場合はあまり意識しない数字ですが、アナリティクスでは購入以外のポイントでも目標を設定することができるので、目標への到達率としてCVRを計測するようにすると、ホームページの効果を高めるための施策を練る時に役立ちます。

数字の読み方

基本的には「何人が何回ホームページにきて何ページ見たか」を確認できると言うことを理解していれば分析の第一歩はOKです。

一人の人がたくさんのページを見ているか確認するにはPVとセッションから1回あたりに読むページ数を算出したり、色々掛け合わせて状況を分析します。

よく他のサイトと比較する方がいますが、ページの構成が違えば全く別の結果がでるので、単純に比較できるものではありません。

大事なのは他人と比較することではなく、自分のサイトでの変更が数字にどのような影響を与えるかを確認しながらPDCAサイクルを回すことです。

Google Analyticsの活用

ただ設置するだけならば誰にでもできますが、細かい設定が複雑で難しかったり、正しい分析を行うのはヘルプを読むだけでは中々理解できないところも多いです。

もしお困りのようでしたらお気軽にご相談ください。